GLC63用のレーダーとドラレコの組み合わせ

Mercedes-AMG,メルセデス・ベンツ

GLC63がまもなく来るので、レーダーとドラレコを用意しました。

いつもなら付け替えて貰うか、配線だけ新品を用意して本体はそのまま流用するケースが多かったんですが、新機種も色々出て来ているので、新しい物を用意する事にしました。

レーダーはこれ。
ユピテルのA360α。

alt

簡易パッケージのオトク版ですw1ボディサイズで、最新の移動式レーザーオービスにも対応。
YouTubeの動画で評価の高かったLS700の1ボディ版です。

セパレートタイプの方がレーザー受信部の自由度は効いて良いみたいですが、1ボディの方が新機種が出た時に交換が容易なので、基本はこれを使います。

Sクラスのような熱線カットガラスだと、レーダー派もカットしてしまうので、セパレートタイプが必須ですが、GLCはこれで大丈夫だそうです。

次にドラレコ。

ドラレコは2セット、合計3個付けます😂

まずは1っ目。
ユピテルの360度ドラレコ Q-20P です。

alt

新機種です!

従来のQ-02 Q-01より解像度が増え新しくなりました。
ただカメラが前後2個を合成して360度にしていたのが、1個でほぼ360度対応になったので、どうかとは思いますが悪くは無いようです。

従来機は5万ほどと凄く高かったのですが、Amazonで25800円とコスパも良くなりました。

リアカメラとのセットもあるようですが、フロント対応のみにしました。
暗所性能があまり良く無いようなので、詳細は他のドラレコに任せて、これは交通状況など周囲の状況記録用になります。

ちなみに!

alt

マルチバッテリーも取り付けて、駐車監視もする予定です😊

そして最後に、2カメドラレコ!

セルスターの CS-91FH です。

alt

実質メインとなるドラレコです。


いや~ どれにしようか凄く迷いました。

ずっとKENWOODのWQHD解像度のDRV-830を使っていましたが、性能の良さは今も健在ですが、新世代のドラレコが色々出て来る中、ちょっと見劣りする感じに。


4Kドラレコや、WQHDドラレコなど、解像度をメインにしたドラレコと迷いました。
解像度が高くなると暗所性能が悪くなる傾向にあり、夜間記録が問題になってきます。
360度ドラレコのQ-20の暗所性能が悪いので、メインは出来るだけ明るく、ナンバー記録も出来るだけ鮮明な物にしたかったのです。


最終的に、HD解像度ではありますが、SONYのSTARVISセンサー、最新の IMX327 搭載で、前後共に明るく鮮明なこの機種に決めました。


特にリアはスモークフィルムを貼っていますので、普通のドラレコだと夜間は真っ暗で何も見えないんですが、このドラレコは、フィルムを貼った状態の夜でも鮮明な映像が撮影出来るようです。


欠点は起動が少し遅い所と、視野角が若干狭い事でしょうか?
視野角は360度ドラレコでカバーするので大丈夫だと思います。

あとはディーラーに取付を依頼するのみ!

設置の指示書を付けて、希望通りにちゃんと仕上げてくれる事を祈ります💦

0